耐震補強壁 3Q-Wall工法 -接着なので静かで素早い!- リニューアル対応 耐震補強新技術
Quiet Quick High-Quality
ホーム 3Q-Wall工法とは 3Q-Wall工法研究会 FAQ お問い合わせ
3Q-Wallの種類と特徴
3Q-Wallの施工実績
こんな時に3Q-Wall
3Q-Braceの特徴
3Q-シリーズの適用バリエーション
技術資料
カタログ


3Q-Wall工法とは
こんな時に3Q-Wall

工事中の移転・業務停止が難しい用途の建物の場合
使用中・居住中・営業中の建物の場合
短工期で施工が必要な場合
ピロティがあるマンション
パイプシャフト等の狭隘な場所での施工の場合
片側からしか施工できない場合
既存躯体がSRC造で鉄筋アンカーの打設が出来ない場合
採光を確保しながら耐震補強


工事中の移転・業務停止が難しい用途の建物の場合
3Q-Wall工法なら省スペース施工のため、機器・家財の移動や養生を最小限に抑えることが出来、建物を使いながらの耐震補強工事が容易となります。

病院等の医療福祉施設

ホテル
病院等の医療福祉施設 ホテル
ページの先頭に戻る

使用中・居住中・営業中の建物の場合
3Q-Wall工法なら低振動・低騒音・無塵なので、終日機能している病院や医療施設・ホテル・デパート等の商業施設等の耐震補強工事が安心して行えます。

デパート等の商業施設

デパート等の商業施設
ページの先頭に戻る

短工期で施工が必要な場合
3Q-Wall工法なら工期が従来工法の約2/3なので、短い休み期間中に耐震補強工事を行う必要がある学校や商業施設の売り場等の要求短工期を満足します。

学  校

学校
ページの先頭に戻る

ピロティがあるマンション
3Q-Wall工法なら地震時の弱点となるピロティがある居住中のマンションを、最小限の工事スペースで静かにすばやく耐震補強工事を行えます。

ピロティがあるマンション

ページの先頭に戻る

パイプシャフト等の狭隘な場所での施工の場合
3Q-Wall工法なら省スペース施工のため、パイプシャフト等で施工スペースがなく、従来工法では施工が困難な狭隘な場所での耐震補強工事を容易にします。

パイプシャフト等の狭隘な場所での施工の場合
ページの先頭に戻る

片側からしか施工できない場合
3Q-Wall工法なら片側からの施工が可能のため、戸境壁や片側にスペースがない場合等の耐震補強工事を容易にします。

隣戸に工事影響なく片側から戸境部に耐震壁を新設

隣戸に工事影響なく片側から戸境部に耐震壁を新設

従来工法の型枠組立解体スペースがない場合

従来工法の型枠組立解体スペースがない場合
ページの先頭に戻る

既存躯体がSRC造で鉄筋アンカーの打設が出来ない場合
3Q-Wall工法ならアンカー筋が接着なので、既存躯体がSRC造で鉄筋アンカー打設が出来ない場合でも、高品質な耐震補強壁を構築できます。

既存躯体がSRC造の場合

既存躯体がSRC造の場合
ページの先頭に戻る

採光を確保しながら耐震補強
3Q-Wall工法FRPブロック耐震壁なら、通風・採光が可能で意匠性にもすぐれているため、従来の耐震壁のイメージを一新した新しいタイプの耐震補強が可能です。

採光を確保しながら耐震補強


ページの先頭に戻る



サイトマップ 3Q-Wall工法研究会