耐震補強壁 3Q-Wall工法 -接着なので静かで素早い!- リニューアル対応 耐震補強新技術
Quiet Quick High-Quality
ホーム 3Q-Wall工法とは 3Q-Wall工法研究会 FAQ お問い合わせ
3Q-Wallの種類と特徴


プレキャストブロック耐震壁


FRPブロック耐震壁

3Q-Wallの施工実績
こんな時に3Q-Wall
3Q-Braceの特徴
3Q-シリーズの適用バリエーション
技術資料
カタログ


3Q-Wall工法とは
3Q-Wallの種類と特徴

 3Q-Wall (Quiet, Quick, and Hi-Quality) の
 低振動・低騒音かつ短工期化を目的として開発された耐震補強壁の総称

種類

プレキャストブロック耐震壁 FRP(繊維強化プラスチック)ブロック耐震壁



特徴

1.低騒音・低振動施工 2.省スペース施工 3.工期短縮 4.高品質・高信頼性
5.地球に優しい工法


1.低騒音・低振動施工
従来工法でRC耐震壁を増設する場合の、既存の躯体(柱、梁)へのアンカーボルトの打設、型枠の取り付け解体、大掛かりなポンプ車によるコンクリートの打設が無いため、ほとんど音や振動が発生しません。終日機能している病院や医療福祉施設、ホテル等でも、安心して施工することができます。

低騒音・低振動施工



2.省スペース施工
本工法で開発したプレキャストコンクリートブロックを積上げ後、簡易な設備で高強度グラウトを流し込むだけなので、狭い作業スペースでの施工が可能となります。そのため、補強工事のための機器・家財の移動や養生を最小限に抑えることが出来、建物を使いながらの補強工事が容易となります。つまり、使用中の建物の使い勝手に影響が少ないため、平日の昼間での作業も可能となり、作業時間の制約(従来工法では夜間、あるいは休日のみの作業となる場合があります)も緩和され、コストダウンにもつながります。

省スペース施工



3.工期短縮
従来の鉄筋コンクリート耐震壁に比べ、工期を短縮し、かつ安全性を向上します。

工期比較


4.高品質・高信頼性
高強度材料を使用するので品質に優れ、信頼性が高い補強を達成します。


  • PCaブロック新設壁、増厚壁を実用化し、(一財)日本建築総合試験所よる建築技術性能証明(2002年7月)を取得しました。その後も改定を繰り返し、豊富な形態に対応しました。
  • PCaブロックによる袖壁(2004年7月改定)
  • FRPタイプの実用化(2004年7月改定)
  • PCaブロック壁の開口付きへの対応(2005年3月改定2)
  • PCaブロックとFRPブロックのハイブリッドタイプ(200年11月改定3)
  • PCaブロックで既存モルタル撤去不要な増厚壁(2009年7月改定4)
  • 既存腰壁+FRPの複合タイプ(2009年7月改定4)
  • 低強度既存骨組みへの対応(2009年7月改定4)
  • 無収縮モルタルの標準調合を変更(2011年1月改定5)
画像をclick!すると拡大でご覧いただけます。

建築技術性能証明書

5.地球に優しい工法
ベニヤ型枠を使用しないので、森林保護や廃棄物削減に貢献します。


ページの先頭に戻る




サイトマップ 3Q-Wall工法研究会